FC2ブログ

Entries

『極短小説』読みました

朝倉久志の訳に釣られて読んでみました、
スティーブ モス、ジョン・M ダニエル 編/浅倉 久志編訳『極短小説』新潮社、2004年。

55語で1つのストーリーを作るというコンテストがアメリカにあるようで、その中から浅倉さんが選んだ物語が1冊にまとまっています。
だいたい1ページ(どころか半ページ以下)で読めちゃう短さ。
面白かった!どんどん物語を追っていくのは幸せな事ですね。
ブラックだったりハートフルだったり切なかったり、様々な小説が読めます。
「意外性」を旨としているせいかブラックなオチが多いような気もする。
そしてよく分からないオチも割とあった。
和田誠さんのイラストも良い感じ。

個人的には、あんなに短いストーリーで凄く悲しい気持ちを起こさせてくれた「戦場の呼び声」がとっても印象的だった。

小説内に出てきたパロディに絡んで、アメリカのドナー隊の悲劇について、ウィキペディアで記事読んだら気持ち悪くなった…飢えと寒さ怖すぎる。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://okomedokoro.blog104.fc2.com/tb.php/130-87483cc3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する