FC2ブログ

Entries

瀬戸内の島旅 直島

直島・豊島・犬島の旅行の記録です。
まずは直島から!
一番下に、直島を回るにあたって集めた情報リンクしておきます。

サンライズ瀬戸
今残る唯一くらいの寝台列車。サンライズ出雲とは岡山まで一緒です。
IMG_2109_R.jpg
岡山で切り離しを見て、
IMG_2118_R.jpg
瀬戸大橋を渡る景色を見て、
IMG_2123_R.jpg

高松に到着。7:30くらい。
高松港から直島行きのフェリーに乗ろうとするも、場所が分からない!乗り場いくつかある!
2人に聞いてやっと分かった。
45分の空き時間で朝ご飯食べようと思っていたのに結局ギリギリに。
約50分の旅。
  実は当初は岡山で降りて、岡山の宇野港から行く予定でした。
  こっちの方が30分ほど早く島に着けるのです。
  けど次いつ乗れるか分からない寝台列車なので、高松までにしました。


いざ直島!

8:12 高松発 9:01 直島着

いきなりこんなの見えます。
IMG_2135_R.jpg

到着後、宿を予約している宮浦港前の【ゆうなぎ】さんに荷物を置いてもらう(チェックインもできたので、お願いしました)
その後、ゆうなぎさんより強烈な地中美術館プッシュ。道も教えてもらいました。
本当は家プロジェクトから回る予定だったのが、教えてもらった道を逸れようとすると
「違うよこっちの道だよ」と教えられるので、最初に地中美術館へ。

30分ほど歩いて【地中美術館】到着。坂多いです。自転車でも大変。でも眺めは良かった!
しかし宮浦港から歩くと、地中美術館をまず通過してチケットセンターに行かなきゃならない…
(ちょっと離れているのです)
チケットセンターと地中美術館の間は、道やその周辺がきれいに整備されており、
季節柄花も咲いていて良い空間でした。
IMG_2142_R.jpg



【地中美術館】 鑑賞料金 2,060円 現代アートのミュージアム
私の所要時間は60分弱(50分くらい?)でしょうか。平日で人はいる物のスムーズに回れたので
結構堪能したつもりでもこんなものでした。
大きいアート作品がドーンとあります。
感想としては、感覚に訴えかけてくるような、不思議な感動がありました。
現代アート面白い、とはじめて思ったなー。
うまく説明できないけれど、アートという物に少しでも興味のある人ならおすすめできる。
展示物が一瞬たりとも同じではない、というのが面白かった。
これは日本科学未来館でやってたチームラボの展示と同じかな。
それを、もっとスケールが大きくて自然と一体化したような展示。

その後、ベネッセの無料シャトルバスでベネッセミュージアムへ。
【李禹煥美術館】には行きませんでした。

【ベネッセハウスミュージアム】 鑑賞料金 1,030円 現代アートのミュージアム
こちらは小さめのアート作品を展示している感じ。
感動は地中美術館の方が上かな。
所要時間は30分いたかいなかったか位。次はいいかな…
IMG_2144_R.jpg

歩いてつつじ荘へ。つつじ荘から家プロジェクトのある本村地区までバスが出ているのです。
ベネッセシャトルバスも出ているのですが、
ベネッセミュージアムからつつじ荘まではアート作品が点在しているので歩いて向かう事に。
だいたい35分くらいでバス停着。
15分ほど待って、12:22発のバスに乗りました。バス料金100円。
IMG_2156_R.jpg

ここまで来て朝食を完全に食いっぱぐれているので、本村(ほんむら)で食事をとる事を心に決める。
バス停から近い【石井商店】さんで食べる。肉うどん550円。
IMG_2159_R.jpg  IMG_2160_R.jpg
私が入った時点で客数ゼロだし多分お店の人がカウンター席で寝てるしで不安だったけど、その後お客さん続々。
私がうどん食べ始める頃には満席になった。
うどん店で一緒になった人が、バスでも見かけたと思ったので声をかけてみる。で、家プロジェクト一緒に回りました。
うどんはおいしかったです。

【家プロジェクト】 鑑賞料金 1,030円 本村地区に点在する家+アートの作品群
わりとじっくり観たと思います。所要時間は2時間弱くらい。
結構面白かったです。
IMG_2165_R.jpg  IMG_2173_R.jpg
家プロジェクトの「きんざ」とやらは予約制・別途料金と言う事で行きませんでした。
チケットは、チケットセンターで買います。農協からほど近く。でもバス通りから入ったところにあるので一瞬迷う。注意。

【ANDO MUSEUM】 鑑賞料金 510円 安藤忠雄建築の施設
本村地区に家プロジェクトに混じってあります。
ここで安藤忠雄の「光の教会」を知りました。これは行ってみたい!
小さい家屋なので、居たのは15分くらい。


一緒に回った人と別れてからも、本村地区の雰囲気が良かったので一人で1時間ほどぶらぶら。
路地の写真とか撮りまくる。
ここの滞在時間が長かったなあ。良い町並みです。
IMG_2163_R.jpg IMG_2180_R.jpg
で、バスで宿のある宮ノ浦地区へ戻ろうとしたら30分ほど待たなけりゃならないときた。
30分てカフェみたいな所に行くとかも出来ない微妙な時間なんだよなあ。
マップで徒歩30分と書いてあったので、えいやと歩く事にしました。
途中先が見えなくてくじけそうになったけど、本当に30分くらいで宮ノ浦に着きました。
バスにも追い抜かれなかったし、まあ良かった。

宮ノ浦地区の路地をうろうろ。写真も撮りました。
宮ノ浦もいい町並みです。
IMG_2190_R.jpg


で、夕飯後に行こうと思っていた【直島銭湯 Iラブ湯】を下見に。
そしたら、「うちはタオル・石けん・シャンプーないから持ってきてね」のお知らせ。
これは完全に見落としていて、タオルやシャンプーはともかく石けんがないと湯船には入れないので諦めました。
てかもう少し値段上げても、石けんとシャンプーは欲しかった…荷物を増やしたくないのと
ここにきて「ぼったくられてる」と感じてしまったのであっさりやめました…
(結局、宿でタオルで身体拭いて終了しました)
IMG_2187_R.jpg

夕飯はゆうなぎさんがお店をやっていたのでそこで唐揚げ定食を頼む。 1,100円
唐揚げといっても鶏でなく、ヒラメの唐揚げ!息子さんが養殖をしているそうな。
でかかった!
しょうゆとレモンで食べました。まあまあなお味。
IMG_2201_R.jpg
直島は早めに閉まるお店が多いので18:00にお店に入っておきました。

ここじゃなかったら、もう1件の【島食DOみやんだ】さんに行くつもりだった。
こちらのお店はラストオーダー19:30まで。お刺身など定食があるようです。

最終的には、宿に19:00くらいに落ち着いていました。
ちなみに相部屋予定だったのが、その人は連絡が取れなくて私一人で宿泊となりました。
なんだったんだ…

ともあれ第1日目終了。

タイムテーブルはこんな感じ
7:30 高松到着
7:40 高松港到着
9:12 宮浦港着
10:10~11:00 地中美術館
11:10~11:40 ベネッセハウスミュージアム
11:40~12:10 つつじ荘まで、アート作品見つつぶらぶら歩く
12:22~12:30 バス
12:30~12:50 昼食(兼朝食)
12:50~14:40 家プロジェクト
14:40~15:30 本村地区ぶらぶら
15:30~16:00 本村地区から宮ノ浦地区まで歩く。ひたすら歩く
16:00~17:00 宮ノ浦地区ぶらぶら
17:00~18:00 宿でだらだら
18:00~19:00 ゆうなぎさんにて夕食
19:00~     宿でだらだら そして就寝!

今回パスした李禹煥美術館に行ってたとしても、十分18:00には宿に帰ってこれたと思います。
なので、よっぽど好きなところに数時間いる!とかでなければ一日で十分回れるのではないかなと。
ただ、オフシーズンでほとんど待ち時間がなかったので、夏休み期間とかはまた変わってくるんでしょう。

リンク
ベネッセアートサイト直島
  行く場所のチェックはここで。シャトルバスや、島内での徒歩移動の際の所要時間など描かれていて便利。
素直の直島(直島町観光協会)
  宿はここから探しました。他、マップなどもあるので凄く活用しました。
YAHOO知恵袋(自転車か否か)
  歩いてみて、なるほど確かに。と思いました。歩きとバスと上手く使えると一番疲れないと思う。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://okomedokoro.blog104.fc2.com/tb.php/142-145e2ae8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する