FC2ブログ

Entries

瀬戸内の島旅 目次

瀬戸内の島に行って来ました。
島についての一個一個の記事が長くなってしまったので、今回行った三島の特徴をば。

どの島も、基本的に若者の旅行者が凄く多かったです。
やっぱり「アート」は若者を引きつけるんでしょうね。

直島
地中美術館、李禹煥美術館、家プロジェクト、ベネッセハウス ミュージアム、ANDO MUSEUM、
宮浦ギャラリー六区、直島銭湯「I♥湯」、ほか各種アート作品が点在。
観光客が一番多い。どこに行っても他の観光客がいる。
中国・韓国・フランスからの団体さんも見た。
そのせいか、物凄く丁寧にどこに何があるかの標識を見た。万一地図がなくても迷う事はほぼない。
家浦港・本村港と二つの港があり、それぞれが賑わっている。
夜遅く(といっても20:00とか21:00とか)までやっているお店も数件ある。
朝は早くからやっているお店がほとんど無い。(10:00からが多い)
歩きとバスで回れる。電動自転車でもおそらく…
一日いられる。

豊島
豊島美術館、心臓音のアーカイブ、豊島横尾館、他各種アート作品が点在。
観光客はまあまあいるが、直島ほどではない。
タイからの団体さん以外は団体客は見なかった。
時間がずれると、他のお客さんが全くいないという事も結構あった。
標識はあまり無いので、島を回りたいなら地図は必須。
家浦港・唐櫃(からと)港があるが、家浦港の方が賑わっている。
とにかく19:00を過ぎると食べるお店がない。1件(お好み焼き屋さん)くらい?
朝は、8:00からやっているお店が数軒ある。
土日しかやっていない店も多い。
バスの本数が少ないので、電動自転車のレンタルがおすすめ。歩いてはおそらく回れない。
一日いられる。

犬島
犬島精錬所美術館、犬島アートプロジェクト、シーサイド犬島ギャラリー。
こちらも観光客はまあまあいる。団体さんは見なかった。
時間がずれるとほとんど他の観光客を見ない。
食堂はいくつかあるようだが、平日お休みという事も。
歩いて全部回れる。
長くても5時間くらいあれば十分な規模。2時間~3時間でもいい人が多いかも。
宝伝港へは船で10分くらいだが、宝伝港からJRの駅までのバスが本数滅茶苦茶少ないので接続注意。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://okomedokoro.blog104.fc2.com/tb.php/145-1fac4339

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する